トコジラミとは|中部トコジラミ相談センター

トコジラミ(別名:南京虫)の専門サイト 中部トコジラミ相談センター

トコジラミとは

トコジラミとは

トコジラミは名前にはシラミとつきますが、実はシラミの仲間ではなく、カメムシの仲間です。 成虫の体長は5~8mm程度、体の色は茶色で、上から見ると丸く、横から見ると薄い体型をしています。

例年、被害が多い時期は6~9月ですが、冷暖房設備の発達に伴い、今では1年中発生することが報告されています。寿命は10カ月程度で、メス成虫は毎日5~6個程度の卵を約3カ月間に産み続けるため、死ぬまでに500個以上を産卵し、大繁殖するのです。
トコジラミは基本的に夜行性のため、成虫・幼虫ともに昼間は壁や床板の隙間、ベットやじゅうたんの裏などの狭い隙間に群れで潜んでいますが、夜になると徘徊して人から吸血します。

トコジラミとは

害虫・害獣の質問掲示板 トリプルエーチャンネル CHPブログ 絶賛つぶやき中!twitter

メディア取材・講演依頼の方はこちら 害虫獣対策卸問屋ユナテック projectNext あなたと被災地をつなぐ「顔が見える支援」 採用情報