トコジラミによる被害|中部トコジラミ相談センター

トコジラミ(別名:南京虫)の専門サイト 中部トコジラミ相談センター

トコジラミによる被害

夜行性のトコジラミは、人が眠っている時に首まわりや腕、足などの露出している部分を刺して吸血します。トコジラミは成虫、幼虫ともに人から吸血し、自分の体重の3~6倍もの量の血液を摂取するため、吸血後は平たい体がパンパンに膨らみます。そして刺されると激しい痒みに襲われるのです。

トコジラミによる被害 トコジラミによる被害 トコジラミによる被害 トコジラミによる被害

トコジラミに刺された場合の特徴は
1.初めて刺された場合あまり痒くないが、2度目以降はアレルギー反応により、激しい痒みに襲われる。
2.刺された当日より2日目以降の痒みが激しい。
3.刺されたあと(赤い斑点)が1~2週間以上も消えないで残る。
全てが上記に当てはまる訳ではなく、また刺された時の症状には個人差がありますが、激しい痒みにより、睡眠不足になる方やリンパ腺の炎症による発熱などを起こす方もいます。

害虫・害獣の質問掲示板 トリプルエーチャンネル CHPブログ 絶賛つぶやき中!twitter

メディア取材・講演依頼の方はこちら 害虫獣対策卸問屋ユナテック projectNext あなたと被災地をつなぐ「顔が見える支援」 採用情報